ダイエット

正しいサラダダイエット!損してない?

投稿日:

ダイエットをしている方の中で野菜を多く摂る【サラダダイエットをしている】方は多いではないでしょうか?
野菜といえばはカロリーだけでなく、糖質や脂質も抑えられます。
しかし落とし穴があるので今回ご紹介します。

 

サラダダイエットの落とし穴

サラダダイエットといえば野菜を食べますよね?

野菜を食べることはとても体に良い事です。
しかし!ドレッシングの選び方を間違えてしまうとせっかく取り組んでいるサラダダイエットの成果が台無しになってしまうので注意してください!

ノンオイルドレッシングは、実はヘルシーではない?

市販のドレッシングは、メーカーや種類によってカロリーや糖質量に差があるのをご存じですか?

ノンオイルドレッシングを選んでいるから大丈夫!」という方は要注意です。

実はノンオイルドレッシングには意外と多くの糖質が含まれています。ここでは、いくつかの一般的なドレッシングの大さじ1杯分のカロリー、糖質をおおまかに比較してみました。

・胡麻ドレッシング
カロリー:約50kcal 糖質:2.5g
・和風ドレッシング
カロリー:約30kcal 糖質:1.0g
・フレンチドレッシング(白)
カロリー:約60kcal 糖質:1.0g
・シーザードレッシング
カロリー:約70kcal 糖質:1.0g
・ノンオイルドレッシング
カロリー:約10kcal 糖質:2.5g
・マヨネーズ
カロリー:約100kcal 糖質:0.1g

比べてみるとこのような結果がでました。

  • カロリーはノンオイルドレッシングが一番低い数値になっています。
  • カロリーが一番高いのが皆さんおわかりですがマヨネーズです。
  • 胡麻ドレッシングはカロリーが低いが糖質がマヨネーズよりも高いのがわかると思います。

この数値は大さじ1杯(15g)あたりの結果です。

サラダをたくさん食べる方やドレッシングをたっぷりかける方は知らず知らずのうちにカロリーや糖質を取ってしまっているかもしれません。

ドレッシングを購入する際は、次の2点に注目して購入する事をオススメします

  • ノンオイルやコレステロール0などの表記を確認!
  • 栄養成分表示をチェック

を忘れずに確認してください!

ドレッシングを使用する際は油が気になる方が多いと思いますが、トマト、人参、ブロッコリーなど緑黄野菜は、油と一緒に取った方が栄養素の吸収が良くなりますので、ご安心ください!
糖質は他にも女性の悩みに多い便秘改善の予防に効果的です。しかし糖質のとりすぎは要注意です、適度に取り入れましょう!

ドレッシングは油が気になる方もいると思いますが、トマトや人参、かぼちゃ、サラダ菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜は、油と一緒に取った方が栄養素の吸収率が良くなります。

ドレッシングを使い過ぎないポイント

 

(1)かけるのではなくあえる

サラダを盛り付ける前に大きめの容器【ボール】などにサラダを入れドレッシングと一緒に合えます。これにより野菜の表面に多少のドレッシングの味が付き野菜本来の味や旨味を感じることができます。
会える前にサラダ【野菜】の水を切っておくとより美味しいサラダに仕上がりますよ!

(2)レモンやお酢でのばす

  • 市販のドレッシングを使用している方は少し水分を足すとかけすぎを防ぐことができます。
  • 酸味が苦手な方は水とこしょうを少し加えると酸味が解消されますので試してくださいね。

ランキング応援

いつも記事を見ていただきありがとうございます。
応援してくれる人( `・∀・´)ポチっと☆

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

-ダイエット

Copyright© 若者向け情報発信サイト!Happy_Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.