悩み

毎月来る生理痛。 知識で改善!

投稿日:

皆さんも毎月の生理痛で悩んでいる方はとても多いと思います。
生理痛にはみなさん以外に知らなかった原因があります。
原因探って生理痛を改善しましょう!

生理痛の原因は?

生理痛といっても人それぞれ違いますよね。

痛みが強い方や症状の現れ方、痛む場所など同じ女性であっても人それぞれ違います。

女性の中でも生理痛の悩みは多く、実際の痛みを他人【お友達や同僚もちろん異性】に伝えることは難しいです。

  • 生理痛=毎月あって当たり前!

とあなたは我慢していませんか?

生理痛は何らかの病気のサインを示している場合があります。時期、季節によって現れる不調も異なり原因は様々です。
毎月くる生理痛と上手に付き合っていくためには、原因を正しく理解し、対策することがとても重要です。

時期によって異なる不調と要因

生理痛の特に大きな原因となっている分質があります。

「プロスタグランジン」

という物質です。 しかし、時期によって不調の要因やあらわれ方は異なります。それぞれの時期の特徴を詳しく見ていきましょう。

プロスタグランジンとは、ホルモンに似た物質で、子宮を収縮させ、子宮への血流を減少させ、子宮内の神経を痛みに敏感にさせる作用があります。
その他にも痛みの発生、免疫やアレルギー、睡眠にも関連することが知られています。

生理(月経)前

排卵後に女性ホルモンの1つ黄体ホルモン【プロゲステロン】の分泌量は急激に増え受精卵が着床せず生理が起こると一気に減少します。

このように【プロゲステロン】が一気に増え一気に減少すると体をコントロールする自律神経がバランスを崩してしまいます。

バランスを崩す=イライラ、頭痛、胃炎

などの体調不良を起こしてしまうのです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、乳腺を発達させる、体温を上げる、体内の水分を引き出すなどの作用があります。

よって乳房が痛くなったり、だるさや下半身のむくみも起こりやすくなります。
生理の1~2週間前から生理が始まるまであらわれるこれらの症状は

「月経前症候群(PMS)」

と呼ばれています。

生理(月経)前半

生理直前から生理前半まではプロスタグランジンという物質が急激に増加します。

プロスタグランジン子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。

プロスタグランジンの量が多すぎると収縮が強くなりキリキリとした痛みが発生します。血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にも。実は陣痛のときの痛みもこのプロスタグランジンが原因です。
生理痛のある女性では、子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量が生理痛のない女性より多いこともわかっています。

生理(月経)後半

うっ血=血液の流れが滞る

骨盤を中心に血液の流れが悪くなり、下腹部の鈍痛や腰回りの重苦しい感覚を引き起こします。

軽い生理痛の場合であれば、うっ血をとることで改善できます。

  • 半身浴で身体を温める
  • 血行をよくする食事を心がける

など生活のなかで実践できることがあります。

生理痛(月経痛)の原因は人それぞれ違います。もちろん対処法も異なります。だからこそ、生理痛の原因を正しく理解して自分にあった対処をしていくことがとても大切です。
また、鎮痛剤やセルフケアを上手に取り入れて痛みをコントロールできれば幸いですが、病気を治しているのではないので注意が必要です。
薬を飲んで痛みが収まったからと言って治ったと思わないでくださいね!
あくまで痛みを抑えているだけです!
生理痛には病気が隠れている場合があります。不安を感じるようなことがあったり、症状が改善しない時は、迷わず婦人科に相談に行きましょう。

ランキング応援

いつも記事を見ていただきありがとうございます。
応援してくれる人( `・∀・´)ポチっと☆

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

-悩み

Copyright© 若者向け情報発信サイト!Happy_Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.