悩み

さらばデリケートの悩み!

更新日:

■デリケートゾーンのにおいの原因とは?

人に聞きにくい分、自分のにおいに対して心配は募るばかり。そもそもにおいの原因とは? 一体何なんでしょうか?





 

  • デリケートゾーンが匂うのは何故?

一番の原因は雑菌です。ショーツの中はムレやすく、熱や汗がこもりやすい環境にあります。おりものや尿、汗、生理中の経血などが高温多湿の状態に置かれることで雑菌が繁殖するため、においが発生するのです。

また汗をかきやすい人のほうが、におう傾向にあります。ただ自分ではなかなか気づきにくく、パートナー(旦那さん,彼氏)から指摘されて気づく方が多い傾向にあります。


 

  • 具体的にどんなニオイ

一般的には魚が腐ったような生臭いにおいがほとんど。特に”生理前や夏場の蒸れやすい時期、ストレスや生活習慣、疲れなどで免疫力が低下しているときは、においがきつくなりやすい傾向にあります。





  • 病気の疑いも!? 病院へ行くべき症状は

においが急にきつくなった」「おりものの量が急に増えた」「おりものの色が変わった」などの症状が現れた場合は、なるべく早く病院を受診しましょう。通常、おりものは無臭で透明ですが、黄色みを帯びていたり、白い塊になったりした場合は、病気の疑いがあります。

可能性が考えられる病気は「細菌性腟炎」「子宮頸がん」「トリコモナス腟炎」など。おりものの異常を起こすもっともポピュラーな病気の「カンジダ腟炎」は、カッテージチーズのようなポロポロしたおりものが特徴です。また、かゆみを伴う場合もあるでしょう。ちょっとでも“アレ?”と気になることがあったら、迷わず婦人科を受診してください




  • におったときのケアって? においを消す方法

基本的には、デリケートゾーンを清潔に保つことが重要。朝晩シャワーを浴びたり、お手洗い時にウォシュレット等を使ったり、デリケートゾーン専用のウェットティッシュで拭くのもおススメ!しかし、腟内を洗浄するのもにおいケアにはなりますが、洗いすぎはよい菌も殺してしまうので気をつけましょう。

洗い方は、低刺激の薬用ソープや専用ソープをしっかり泡立てて、やさしく手で洗うようにしてください。ブラシを使ってゴシゴシ洗うのはNG。

どうしてもニオイが気になる方は、病院に行き適切な処置をしてもらうのも手。腟内を消毒し、腟剤を入れると一発で治りますが効果もずっと続くわけではないので、自宅でもできるよう腟剤を処方してもらうか、その都度受診することになります。





 

 

  • 予防できる!?  デリケートゾーンのにおいを防ぐには

こちらも、とにかく『清潔を心がけること』が一番の対策です。ショーツが汚れないように、普段からおりものシートを使って清潔に保つのも有効。またムレを防止するために、通気性のいいコットンやシルク素材のショーツを着用するのもおススメ。

また、生理中はこまめにナプキンを交換しよう。経血量が少ないとナプキンの換え時に迷いがち。ですが、汗などで汚れが付着しているので、トイレに行く度に交換するよう意識してください。通気性のよい布ナプキンを使ってみるのもいいでしょう。

生活習慣では、抵抗力が落ちるとにおいの原因になります。しっかり睡眠時間を取り、ストレスや疲れをためないようにしてください。


  • まとめ

悩んでいても、なかなか人に相談しづらいデリケートゾーンのニオイですが、生理時のナプキンをこまめに換える事,通気性のよい下着を選ぶことやおりものシートの使用,生活習慣お見直しで改善します。しかし異常を感じた際には、婦人科系の病気が隠れている場合もあります。早めに病院を受診しましょう。






ランキング応援

いつも記事を見ていただきありがとうございます。
応援してくれる人( `・∀・´)ポチっと☆

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

-悩み

Copyright© 若者向け情報発信サイト!Happy_Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.